思ったより多い潜水器材の数です

ダイビング器材はどれだけあるの?と聞かれ、数を数えてみました。
なんと最低で15個程度あるのでしょうか。
たった一回潜るだけで、これだけの潜水器材を必要としているのでした。
簡単に思いつくものから。
マスク、シュノーケル、ウェットスーツ、ブーツ、フィン、グローブなど。
なんでブーツなど要るのか?と疑問に思う人もいるでしょうが、岩場を歩く時など裸足で歩くなんて危険ですから。
またダイビング中のフィンのズレも防ぐのです。
後は、レギュレター、BCDジャケット、オクトパス、コンパス、残圧計などは必須器材になっているのでしょう。
そしてウエイト、ナイフ、ダイブコンピュターなども器材の活用としての活用が多いと思います。
ここのナイフは、ジョーズと戦うためのものではありません。
海中では藻など邪魔なものがあったり、時にはひっかかりも覚える時があります。
そんな時のためにあるのが、ナイフなのでした。
まだまだあると便利な潜水器材が存在しますが、用意すべき器材を記載してみました。
http://xn--m7r660bjudlxd.com/