交通事故の慰謝料計算方法をご存知ですか。

交通事故が発生して怪我人がいた場合、怪我の賠償の中に慰謝料が発生します。
車を運転中に相手の車や歩行者に怪我をさせてしまった場合は、まず自賠責保険から支払われます。
しかし、自賠責保険は最低限相手の怪我に賠償する保険ですので、賠償される金額は限られています。
そのため、自賠責保険から出る金額以上に賠償が必要になった場合は、自動車保険の対人賠償から支払うことになります。
もちろん、これらは過失割合に応じての賠償となります。
では、加害者側が怪我をしても慰謝料は出ないのでしょうか。
双方に過失が発生した場合は、相手の過失割合分、相手の対人賠償から補償してもらう事はできます。
が、加害者側が10割の過失が有る事故だった場合は、慰謝料なんて貰えないのではないかと思われる方もいるかもしれません。
実は自動車保険に人身傷害保険がついている契約であれば、慰謝料を受け取る事が可能なのです。
では、この慰謝料計算方法は一体どうなっているのでしょうか。
怪我の診断結果や、通院・入院の日数によって金額が変わるのですが、保険会社は各会社の約款にのっとって計算を行います。
つまり、この慰謝料計算方法は保険会社によって金額が異なるのです。
こちらに一切非が無い事故で相手の対人賠償から慰謝料を貰ったとしても、自分の人身傷害の慰謝料の計算が上回った場合は、上回った金額を人身傷害から支払ってもらえます。
なお、人身傷害だけの請求は事故と扱われませんので、等級に影響はありません。
相手が10割悪い事故だからといって、自分の保険会社に連絡をしないと損をする可能性もあります。
必ず自分の保険会社にも事故の連絡をしましょう。
弁護士による交通事故相談|丸の内ソレイユ法律事務所(東京駅徒歩3分)