緊張する事によって大量の汗をかく多汗症について

私は夏になると、とにかく汗をかく量が多く、自分でも多汗症と疑ってしまう事もあります。
その多汗症とは、掌や脇、頭、足の裏、顔などの部分的に大量の汗をかく事をいい、その為、日常生活に支障をきたしてしまう状態になることをいいます。
夏になると大量の汗をかくから多汗症と思ってしまったのですが、全然見当違いの考えをしてしまいました。

多汗症は緊張する事によって汗をかくのですが、私も面接前になると物凄く緊張してしまい、大量という訳ではないのですが、掌に汗をかくことがあります。
一度多汗症に関するセルフチェックをしてみたのですが、暴飲暴食になりやすかったり、ストレスを感じるという点で該当するだけで、ほとんど該当しませんでした。
しかしどんな病気であれ油断はできないので、予防として挙げられている交感神経を刺激しないという方法に従って、なるべくストレスの少ない生活を心がけたいです。