キーワードはブロックチェーン

何年か前にメディアでも取り上げられたものが、ビットコインという物です。
ビットコインは有志による採掘によって新規発行されて保っていたというもので、海外でも多くの人が利用をしていました。
そのビットコインが話題になったのが、管理者が不在という事です。
そうなるとどうなるかというと、例えばお金を管理する日本銀行がなくなってしまったために、偽札が流通し放題になってしまったり、列車を管理する東日本が発行しているSuicaなら自動改札をだまして、乗っていく人が多く出てしまいます。
ビットコインがこうした管理者がいないという事で、話題になりましたがそれでも不正を防いでいくことが出来るのが、ブロックチェーンというものです。
ブロックチェーンとはなにかというと、ビットコインの取引きを数十個ごとにコインをブロックしていくということです。
ビットコインのブロックで、前のブロックと食い違わないようにするため、ネットワークの参加者によってつなげていきました。
この作業のことをマイニングといい、採掘と呼ばれています。
このマイニングによって改ざんを防いでいるのです。
そして、マイニングに成功した人へは報酬としてビットコインが支払われるようになっているのです。

さらに詳しい情報は、「ビットコイン百科事典」というサイトを見てみると良いですよ!